このページのリンク

カント ノ シコウ ノ ゼンジテキ ハッテン : ソノ 「カショウセイ」 ト 「ガイゼンセイ」
カントの思考の漸次的発展 : その「仮象性」と「蓋然性」 / 船木祝著

データ種別 図書
出版年 2020.10
出版者 東京 : 論創社
大きさ x, 151p ; 22cm

所蔵情報を非表示

横 2FブックスケープA
134.2:K16:F97 1003131339
9784846019655

書誌詳細を非表示

別書名 原タイトル:Kants Unterscheidung zwischen Scheinbarkeit und Wahrscheinlichkeit : Ihre historischen Vorlagen und ihre allmähliche Entwicklung
標題紙タイトル:Immanuel Kant
異なりアクセスタイトル:カントの思考の漸次的発展 : その仮象性と蓋然性
一般注記 博士論文"Kants Unterscheidung zwischen Scheinbarkeit und Wahrscheinlichkeit : Ihre historischen Vorlagen und ihre allmähliche Entwicklung"の翻訳(あとがきより)
文献一覧: p133-142
著者標目  船木, 祝(1963-) <フナキ, シュク>
件 名 BSH:Kant, Immanuel
分 類 NDC8:134.2
NDC9:134.2
NDC10:134.2
本文言語 日本語
書誌ID BK00324530
NCID BC03534950
目次/あらすじ

 類似資料