オオツル, アツシ
大津留, 厚

著者名典拠詳細を表示

著者の属性 個人
場所 東京
一般注記 大阪教育大学教育学部助教授,神戸大学大学院人文学研究科教授
EDSRC:大戦間期の東欧 : 民族国家の幻影 / J. ロスチャイルド著 ; 大津留厚監訳 (刀水書房, 1994.10)
EDSRC:植民都市・青島1914-1931 : 日・独・中政治経済の結節点 / ヴォルフガング・バウワー著 ; 森宜人, 柳沢のどか訳 (昭和堂, 2007.2) の標題紙によってSFフィールド (Otsuru, Atsushi) を追加
EDSRC:捕虜として姫路・青野原を生きる : 1914-1919 : 箱庭の国際社会 / 大津留厚, 奥村弘, 長野順子著(神戸新聞総合出版センター, 2011.10)
EDSRC:帝国と支配 : 古代の遺産 / [本村凌二ほか執筆](岩波書店, 1998.9)
生没年等 1952
から見よ参照 大津留, 厚(1952-)<オオツル, アツシ>
Otsuru, Atsushi
Oturu, Atusi
コード類 典拠ID=AU30006742  NCID=DA08635764
1 中欧・東欧文化事典 / 中欧・東欧文化事典編集委員会, 羽場久美子 [ほか] 編 東京 : 丸善出版 , 2021.8
2 ヨーロッパ複合国家論の可能性 : 歴史学と思想史の対話 / 岩井淳, 竹澤祐丈編著 京都 : ミネルヴァ書房 , 2021.5
3 さまよえるハプスブルク : 捕虜たちが見た帝国の崩壊 / 大津留厚著 東京 : 岩波書店 , 2021.4
4 「民族自決」という幻影 : ハプスブルク帝国の崩壊と新生諸国家の成立 / 大津留厚編 京都 : 昭和堂 , 2020.11
5 ウィーンとヴェルサイユ : ヨーロッパにおけるライバル宮廷1550-1780 / J. ダインダム著 ; 大津留厚, 小山啓子, 石井大輔訳 東京 : 刀水書房 , 2017.3
6 ハプスブルク史研究入門 : 歴史のラビリンスへの招待 / 大津留厚 [ほか] 編 京都 : 昭和堂 , 2013.5
7 捕虜が働くとき : 第一次世界大戦・総力戦の狭間で / 大津留厚著 京都 : 人文書院 , 2013.5
8 青野原俘虜収容所の世界 : 第一次世界大戦とオーストリア捕虜兵 / 大津留厚[ほか]著 東京 : 山川出版社 , 2007.10
9 ハプスブルクの実験 : 多文化共存を目指して / 大津留厚著 増補改訂. - 横浜 : 春風社 , 2007.6
10 植民都市・青島1914-1931 : 日・独・中政治経済の結節点 / ヴォルフガング・バウワー著 ; 森宜人, 柳沢のどか訳 京都 : 昭和堂 , 2007.2
11 中央ヨーロッパの可能性 : 揺れ動くその歴史と社会 / 大津留厚編 京都 : 昭和堂 , 2006.2
12 民族 / 大津留厚 [ほか] 著 京都 : ミネルヴァ書房 , 2003.11
13 ハプスブルク帝国 / 大津留厚著 東京 : 山川出版社 , 1996.8